アチログ

バンコク在住ミュージシャンACHIのブログです
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ロードムーヴィ

音もなくfilm 回りだす
ゆくあてのないdrive 身一つで

旅は続く
向かい風のmirror
どこかにある場所
旅は続く
この目で世界を見つめ続ける

いろんな人 いろんな場所
いろんなふうにただすれ違っても
旅は続く
愛しい記憶を追いこして
荷物捨てて 軽くなって
一晩だけ あなたと抱きあっても
旅は続く
軽い痛みを消しながら


旅は続く
ゆくあてなく
旅は続く


cut割りもなく すすむcamera
終わりのないdrive くたびれて

旅は続く
干からびた太陽
見つからない場所
旅は続く
私は世界をとらえ続ける

はしゃいだ街 彷徨う森
砂漠の赤い月を見上げても
旅は続く
愛しい記憶を追い越して

ふと気づけば一人きりで
走り疲れて泣き叫んでも
旅は続く
軽い痛みを消しながら

靴を脱いで 軽くなって
どこかでまた あなたと抱きあっても
旅は続く
顔をあげたら道があるから

いろんな人 いろんな場所
いろんなふうにただすれ違っても
旅は続く
まわり続けるRoad movie


旅は続く
ゆくあてなく
旅は続く


Bon voyage.



 Lyrics by ACHI

| ACHI 歌詞 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
rit.

雨が降る 夏の終わりに
花火跡を 踏み消して

雨上がり 涼しくなって
秋が来て 泣きたくなる

君に会いたくなってる

一人の部屋 膝を抱いて
思い出しながら くじけながら 朝を待ってる

胸の中で 混ざる想い
君に会いたくて 忘れたくて せめぎあってる


ひそやかに ひそやかに ねえ
君のこと 忘れたいな

笑いあった 穏やかな日々
胸をさく 痛みになる

あとどれくらいだろう

全速力 駆け抜けても
逃げ切れなくて 息切らして 倒れこんでる

胸の中で 混ざる想い
君に会いたくて 忘れたくて せめぎあってる


遠くに行けばいい
どこかに逃げればいいんだろうって
すべての窓を閉めて
うずくまってた僕は


一人の部屋 膝を抱いて
思い出しながら くじけながら 朝を待ってた
胸の中で 混ざる想い
君に会いたくて 忘れたくて せめぎあってた

全速力 駆け抜けても
逃げ切れなくて 息切れて 倒れこんでた
胸の中で 混ざる想い
君に会いたくて 忘れたくて せめぎあってた

一人の部屋 膝を抱いて 待ってた
胸の中で 混ざる想い Uh...
全速力 駆け抜けても 息切れて
胸の中で 混ざる想い Uh...

泣いてばかり 昨日までの 僕だった



 Lyrics by ACHI(2002)

| ACHI 歌詞 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
光る石
流されていく 流されていけば
どこか遠く 行けるだろうか

目を閉じたら 目を逸らしたなら
大事なもの 見えるだろうか

僕の心に石ができたんだ
日増しに大きくなっていく
あぁ、もう後戻りできない日々を
休み休み歩いていく


幼い日を 思い出していた
誰かの声 聞き流していた

ふとつられて 笑ってみたけど
押さえた胸 空っぽだった

僕の心の石がからからと
乾いた音で鳴って
あぁ、まだ身動きのできない日々を
息つぎして泳いでいく


あの頃は 道端の石さえ 輝いて見えた
ブリキの缶に入れて 埋めた
土の中 自分だけの宝石


僕の心に石ができたんだ
日増しに大きくなっていく
あぁ、もう後戻りできない日々を
休み休み歩く僕の

心の石がからからと
乾いた音で鳴って
あぁ、まだ身動きのできない日々を
息つぎして泳いできた

すべてを受け入れてきた証を
あの日の缶の中へと そっと入れてもいいかな



 Lyrics by ACHI (2002)
| ACHI 歌詞 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
counter
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ