アチログ

バンコク在住ミュージシャンACHIのブログです
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
子連れ日帰りヴィエンチャン-1(空港)
娘と二人、日帰りヴィエンチャンの旅に出掛けてきました。



ラオスの首都ヴィエンチャンはバンコクから空路たったの一時間弱。

517km、というのはウボンラチャタニ+60kmぐらい。

何気にタイ国内のチェンライやハジャイよりも近いんですね。



TGのチャイルドミール。


過去2回ほど世界遺産の街ルアンパバンに行ったことがあり

今回は初ヴィエンチャン。

2歳にしてラオス3回目の娘には、ほんと申し訳ないっていうか

もっと記憶に残る時に連れて来てやりたかったですねー。しみじみ。

でも諸々不可抗力というものがあってですねー(略)。。。(´Д` )



そんなわけで無事ヴィエンチャンの空港に到着。

機内が寒かったのでめっちゃ重ね着してます。


出発便案内、英語表記



ラオス語表記

タイ文字とよく似ていますよね。


ちなみに本空港も日本の政府開発援助で建てられたそうですよ。


ラオス人のスタッフさんが笑顔で教えてくれました。

アリガトウゴザイマスーって。



スリランカに行った時も方々で感謝されたんだけど

(タイでは一度も言われたことありませんが、笑)

たいして税金も納めていない私なんかにお礼を言うのは

勿体無いっすよーーーと恐縮してしまうと同時に

せっかくだったら日本のエアラインももっと飛んでいればいいのにー

ガンガン直行便があればいいのにー、これなんて箱物行政??

などと思ってしまう。



ラオスはとっても日本人向きの観光地だと思うんですよね。

時の流れがゆったりとしていて

決して便利ではないけれど心地いい空気感で

時間に追われる生活をしている身からすると

めちゃめちゃ癒されます。



さらに観光名所たっくさん。

首都ヴィエンチャン、世界遺産の街ルアンパバンに

謎いっぱいのジャール平原、滝ありすぎシーパンドン。



そして食も。

ラオスうどんは一回食べてみる価値ありだと思うし

前述のようにコーヒーとパンも美味しい。

いろいろ掘り起こせばザクザク出てくる宝の山という感じ。

でも日本の旅行会社さんはそこまで興味ないのかなー。



今回僅か9時間の滞在でも

これでもか、と写真を撮ってきたので

またぼちぼちupしていきますね。^_^

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| 旅行 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
再び関東
関東〜関西〜出雲〜関西と折り返して、再び関東へ。

移動距離1,800km超。

さすがに運転疲れしました。(^^;

明日18日はaireのライブ@新宿MARZですよ。

エビバデ!パイ ナ!

ACHI




| 旅行 | 23:59 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
出雲科学館 (一時帰国-3)
関東から関西を通過して、出雲に帰省してきました。

子供達、特に息子がずっぱまりしたのが

この「出雲科学館」。

10年ぐらい前にOPENした施設のようで

私も初めて行きました。



ゲーム要素も取り入れたマシン等で

身の周りの科学的事象が体験できて

子供には「何これ?どうして??」のきっかけになったり

大人は「あー、こういう仕組みなんだー」と目からうろこだったり。



こちらは竜巻発生マシン。



赤いボタンをぽちっと押すと

中から霧のようなものがシュルシュル〜っと立ち上って来て

みるみるうちに大きな竜巻に成長していくんです。(@_@;)



こちらは遠心力体験マシン。



銀色のレバーをグルグル回すと中の台が周る仕組みで、

内側の白色より外側のオレンジ色の方がより傾くよっ

傾くのは遠心力だよっという。



こちらはタッチパネル式の科学クイズ。



昆虫、地層、出雲の歴史、など様々なカテゴリーに分かれていて

最後には得点も表示されます。



写真には無いけれど、木のオモチャで遊べるコーナーもあって

その周りには科学系の絵本、図鑑、図録がずらりと!

子供達そっちのけで電車図鑑を読みふけってしまった

ダメな私です。^-^;



2Fには自販機等もある喫茶コーナーもあって

子供が飽きてきたらちょっと立ち寄ることもできるという。

ほんに至れり尽くせり。



そしてこれが驚きなことに「入場無料」なんですよー。

すごい。素晴らしい。

3日連続で入り浸っちゃいました。



バリバリ文系なくせに興味の範囲が自然科学分野で

知りたい!のに、ちんぷんかんぷん!なことが多い私。

息子と娘にはぜひ理系分野にも強い男子・女子に育って欲しいな〜と

自分が果たせなかった夢を子に託すという

一番ダメなパターンのダメ親??笑



また帰省したら訪れたいと思います。


ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
 
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
くら寿司 (一時帰国-2)
全海外駐在子女の憧れ。

と言ったら大袈裟でしょうか。

夢の「くら寿司」に行って参りました。ひゃっほー!



息子はまだ物心つく前に一度行ったっきり。娘は初。

二人とも入り口からテンションマックスです。

くらぞうくん(←名前知らない。てきとー。)と記念写真。



数多ある回転寿司の中でも

「くら寿司」は子供向けシフトなお店としてつとに有名。



食材は産地表示、食品添加物無添加。

シートに付設できるベビーチェアーや子供用カトラリー、標準装備。

お寿司はすべてサビ抜きで、大人は卓上のワサビを添えて食べます。



くら寿司と言ったら何といっても「ガチャポン」ですね。

お皿5枚ごとにチャレンジできるゲームがあって

当たると携帯ストラップ等おもちゃがもらえるんです。

回転寿司ミーツガチャガチャという夢のようなシステム。

子供は夢中。



注)但し5の倍数で皿を頼まないとなんだか損した気になり

14枚でお腹いっぱいでも胃腸にムチうってもう一枚!という

親にとってはなかなかシビれるシステムでもあります。

(よっ、くら寿司さん商売上手!笑)



お皿はふたつき。

回転レーンを周ってネタかっぴかぴ、という

物悲しい風景は見なくて済みます。



大のアナゴ好きの息子。

この日はよほどお腹が空いていたのか

私の分もぶんどって4皿も!あっという間に平らげていました。

食べ過ぎるとアナゴさんになっちまうよ。(うそ)



まだお寿司に有難さを感じることはない娘。



ミルク片手にうどんとハンバーグ握り。

回転寿司に来る意味はあんまりないよね、ごめんね。

でも食べ終わって空になったお皿を投入口に入れるのが楽しいらしく

一枚入れてはキャハ!もう一枚入れてはキャハ!

ぐずることなく食事につきあってくれました。



店内はいつも子連れ客でにぎわっており

多少騒いでも「今すぐ、完璧に、黙らせなければ!」というプレッシャーが

「もう少し声を小さくしてね」、ぐらいに緩和されるのも有難いですし

そもそも子供が騒がないよう、飽きさせないようなシステム満載。

本当に素晴らしいお店です、くら寿司。



飲食店は何でもある、選べるほど豊富なバンコクにも

まだ「くら寿司」はありません。

衛生管理等の問題から無添加を貫くのが容易ではないのでしょうかね??

タイの飲食店はどちらも子連れ客にとっても優しくて

プレッシャーを感じることはあんまり無いのですが

それでももし「くら寿司」さんが進出してきたら

もんのっすごく流行ると思います。

ガチャポンはタイ人にも受けそう。



くら寿司の中の方、

バンコク日本人学校の新一年生さんは14クラスもあるんですよ。

こんなにチビっこわんさか!の街は日本にもありません。

ファミリー層を中心に約3万人が暮らすスクンビット地区、

進出を心からお待ちしておりますー。

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    



 
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
日本の翼 (一時帰国-1)
日本への一時帰国の写真をぼちぼちアップして行きます。^-^



今回、エアラインはJALにしました。

さすがは「日本の翼」、

CAさんが絶妙のタイミングでミルクを作ってくださったお陰で

娘熟睡!

そして・・・


息子も熟睡!

やったー!やったよー!涙

2児連れフライトだったのに超余裕で、映画まで見れちゃった。

ちなみに「Life Of Pie」。すばらしい映画でした。超おすすめ。

ダイナミックで、示唆的で、

観終わった後もずっと考えたり感じたりできるの。

贅沢な時間を得られたな〜っと。



子連れで移動する時って

子供のケアでいっぱいいっぱいな上に

周りの方にご迷惑をお掛けしていることへの申し訳なさで

胃が痛くなって身も縮むような思いなんだけど

JALのCAさんの優しい笑顔には

本当に癒され・励まされます。



調乳も、どなたにお願いしてもいつもパーフェクトだし

おやつやオモチャで子供が飽きないように気遣ってくださったり。

そこまでしていただけるんですか??という

一歩踏み込んだ、血の通った、痒い所に手が届く”おもてなし”。



FacebookのJALのページを見て

思わず感涙にむせんでしまったんだけど

ゴールデンウィークを前に

羽田空港で使用されているすべてのベビーカー(何百台だったと思う)を

整備士さん達が一つ一つばらして、チェックして、

一般スタッフさんがきゅっきゅっと磨いてくださったそうです。



あと、今回乱気流の影響でかなり機体が揺れたんですけど

機長さんがアナウンスでどうしてこんなに揺れてしまったのかを

きちんと説明してくださったのが凄く印象的でした。



Fly JAL!



そんなこんなであっという間の6時間、日本到着。

1ヶ月という長い一時帰国だったので、いろいろ、

本当にいろいろありました。笑

おいおいアップしていきます。^-^

ACHI




(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
 
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
子連れシンガポール−3日目”チャンギ空港”
最終日は早めに空港へ。

チャンギは巨大で、中でいろいろ楽しめると聞いたので。



第二ターミナルのレストランフロアから見た風景。

なんじゃこのデカさ!きれいさ!





バンコクにもある「WARAKU」でランチ。



4人で軽く30S$、高かったー。

そしてやっぱりエサみたいにドンって出てきたー。笑



飛行機はTG。

第一ターミナルに移動して、免税店でショッピング♪

っと思ったら、先に買い物に行った母が

待ち合わせの時間になっても戻ってこない。

どうしよう、もうチェックインの時間だよー・・・と思って辺りを探してみたら

待ち合わせ場所のすぐ近くで優雅にお茶してはりました。。。orz

今回の旅行は他にもいろいろと振り回されました。

母は知能と情緒にちょっと問題を抱えているし

もう68歳なので仕方ないんですけどね。

旅慣れた5歳児のほうがよっぽど頼りになりました。^-^;

今回イライラしないでやり過ごせたのはほんと、子供達のおかげ!

時の流れ、成長、を感じます。しみじみ。



TGのチャイルドミール。



うーん。。。おいしくない。。。笑

特にお肉が。。。。。添加物入りのゴム、みたいな。。。。。

息子が食べられたのはパンとバナナのみでした。

もったいないから次回からは食事を断ろうかな、と思ったほど。



やーほんと、TGはCAさんの態度も含め

機内サービスは最低ランクだと思います。

今まで乗ったエアラインの中でも

Air Indiaを抜いてぶっちぎりの最下位。笑



特に子供のミルクの調乳、今まで数回お願いしたけど

一度も、ただの一度も、ちゃんと作ってもらえたことがないの!

真水でつくってバリバリ凝固させてたり

熱湯でつくったアツアツのボトルをはい!ってトスされたり

(ダチョウ倶楽部のネタかと思ったww)


同じタイのエアラインでもBangkok Airwaysはソツないのになー。

TGはフラッグシップってことで天狗になってるのかなー。

キレイな衣装着てツンとしてるのがお仕事だと思ってんだったら

モデルに転職しろや!サービス業に従事すんなや!

JALやANAのCAさん達の爪の垢せんじて飲めや!

・・・って思っちゃいます。てへ。笑



そうして帰ってきたスワナプーム。

週末の雨でひんやりした空気のバンコク。

今の私達のホームタウン、戻ってきた〜!って安堵感に満ちますね。^-^

今回の旅でもろもろ心配事もクリアできたので

また前を向いて歩いていこうと思います。

そしてこの旅の真相は5月になったら明かせると思います。555+



それでも

旅は続く。

ゆくあてなく。

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
子連れシンガポール−2日目”Siloso Beach”

今回のホテル。

道路を挟んだ向かい側がすぐSiloso Beachという立地。



旅行代理店のプランの中で、セントサ島最安のホテル。

うちはかなりのサバイバル一家なので

みんな十分大満足しましたが

一般の日本人の方だとちょっと・・・て思うかもしれません。笑



でもこのホテル、とにかくプールが大きいんです。息子大喜び。

あと、床がむくの木材で、歩くとひんやり気持ちいいし

お掃除もしやすかったです。

シャワーブースのシャワーヘッドが可動式なのもプラスポイント。

高級ホテルにありがちなオサレな固定式、

あれ子供を洗いづらくてほんと不便なんですよね。^-^;

アメニティは可もなく不可もなく。



食事は1Fのカフェで。



その場で焼いてくれるオムレツが美味しかった〜。



夕方、かなり日が落ちてからのビーチ。



空の色、海の色、島の緑、白い砂浜、沖に鎮座ましますタンカー群。

え、3D??と目をゴシゴシしたくなるような、

現実感のない美しさっていうか。笑

完璧な安全地帯、サンクチュアリっていうか。



もうほんと、時間を忘れてボーーーっとしちゃいました。

めちゃくちゃ癒されました。

セントサ、最高!!!



そして夜。



おそろのパジャマで戯れる子供達。

ほんと、来てよかった。

来てよかった。

シンガポール最高!



確かにシングリッシュは手ごわいし

みんなカリカリしていて、必要最低限のことしかしてくれないけど

ミスなく、私語なく、そつなく、テキパキ、素晴らしい!

さすが世界第二位の、日本以上の先進国。

いろいろと勉強になりました。

また絶対に訪れます。

ありがとう、シンガポール。

タイ的価値観の中ではとんだ落ちこぼれの私だけど

励まされました。癒されました。

本当にありがとう。



おまけ。


”Vivo”のレゴショップにあったマーライオン。笑

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 

| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
子連れシンガポール−2日目”Universal Studios”
今回の旅の目的は別のところにあったんですけど

子供達を連れていくので、せっかくなら。。。と思って

ユニバーサルスタジオシンガポールにも行って来ました。

チケットはこちらからも簡単に購入できますが、

週末でもそんなに混んでいなかったので、現地で買ってもいいかも?



入り口はいって向かって右側でベビーカーが借りられました。

一日借りて、10S$(1,000円ぐらい?)。

これはシングルですが、途中で5歳児と2歳児が席を取り合ったりしたので(汗)

ツインカートを借りたほうが便利だったかも。



・・・にしてもcaféの食事がバカ高いのにびっくりしました。

エサみたいな内容のモーニングプレートとフルーツ、飲み物で

あっという間に30S$越え。(*_*;



まずは入って左側の「マダガスカル」ゾーンへ。

昨年の息子の幼稚園の発表会、

違う学年のお子さんが踊ってたんです、「マダガスカル」。

そのダンスが本当に素っ晴らしくって、私は感動して泣きました。

というわけで息子と音楽を口ずさみながら入場。笑



娘が唯一、身長制限をクリアできた乗り物系アトラクション。



お船に乗って場内をぐるっと回ります。



中は真っ暗で、写真はどれもブレブレでした。



んが、ほんと良くできてますねー。

映画のストーリーに沿っている感じで

時々大きくゆれたり、水しぶきがかかったり。

後から考えると、家族全員で楽しめた唯一のアトラクションだったので

一番最後に行けばよかったかな〜と、ちと後悔。



「マダガスカル」から再び入口方面へ逆走して、「ハリウッド」、「NY」、

グルっと周って「ジュラシックパーク」ゾーンへ。

身長110cmの息子がクリアできた乗り物系アトラクション。



地上1mぐらいのところをゆるゆると飛び、スリルゼロ。



でも怖がりな息子にはちょうどよかったみたい。

楽しんでくれました。^-^



最後に満を持して「シュレック」ゾーン。

3Dシアターで思いっきり乗り物酔いをしてしまって、あ、私がww

よろよろしながら乗ったドラゴンのジェットコースター。



ぶっちゃけ、「子供向けでしょ?」ってナメてかかってたんですけど

この後ものっすごい勢いで揺れる揺れる!

あやうくi-pad miniを落っことしかけました。

人生初ジェットコースターの息子もかなりびびってました。



こちらは身長122cm・125cm以上じゃないと乗れない

ガチのジェットコースター。

見ているだけで本気で怖かった。。。

次に来た時は、乗る〜??



シュレックゾーンにはキャラクターもいっぱい❤



ピノキヲだおー!



長靴をはいた猫だおー!



ここで眠っていた娘と母と合流。

ずっと涼しいカフェで休んでもらっていたので

いっそのこと息子と二人で来ちゃった方がよかったかな。



とにかくシンガポール、暑い!タイより全然暑い!

日が出ると一気にジワーっと汗がにじむ感じ。



周る地球の前で記念写真。



幼稚園児連れで周るのにちょうどいい大きさ。

建物やアトラクションの密度もほどよく

トイレは清潔だし、そこここに飲食店があるし

休み休み半日かけてゆっくり遊べる感じ。

想像していたのよりもずっと楽しかったです。

また行きたい!

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
子連れシンガポール−1日目
ちょっと野暮用でシンガポールに行ってきました。

あぁ、理由は聞かないでください。。。どうか。。。。。

にしても一ヶ月ってあっという間ですねー。(←大ヒント) 



娘は2歳の誕生日翌日のフライト。

初ひとり座席。



あたちー、いっちょまえなのー。んふふ♪



今までは娘が眠ると膝の上で抱っこ、

トイレ行けない、食事とれない、微動だにできない、

エコノミークラス症候群の危機を感じていましたが(いや、まじでw)

今回は広々楽ちん。



すやすやと寝てくれて助かりました。

あっという間に2時間でチャンギ空港に到着。

さすが近い!ASEAN!

時差が一時間あるのでバンコクからは3時間経った計算になります。



空港からホテルに向かう途中

うわさの艦船ホテルの横を通りました。

どでかいし、つくりもしっかりしているし

さすが!と感心しました。



今回うちはセントサ島のホテルを取りました。

5歳、2歳、うちの母68歳、3児(笑)の面倒をみなければいけないので

もう島から一歩も出ない勢いで。



ホテルに着いてから

シンガポールドルに両替し忘れていたことに気づき

VIVO”というショッピングセンターへ。



島内を走る無料のトラムで

セントサエクスプレス(モノレール)の”Beach Station”へ。



建物・乗り物の作りがしっかりしているし

スタッフさんによる安全確認もぬかりなし。



タイではないので子供に席を譲ってくれるってことはありませんが

ゆっくりゆっくり走るので危険は感じませんでした。



まぁ両国にそれぞれ良さがあるんですけどね。

子供を見て「可愛い可愛い」ってキャッキャ遊んでくれる女子と、

仏頂面で愛想のかけらもないけど

あらかじめ全部のコンセントに安全プラグを差してくれて

床に危ないものが落ちていないかチェックしてくれる女子、

どっちが本物の子供好き女子か、っていう話ですね。

男性はどうせ前者の女子を見て

「わー、この子ほんとに子供好きなんだなぁ〜」って

鼻の下のばすと思うのでw

心情的には後者を応援したくなっちゃいますね、

経産婦的には。笑



VIVO”はセントサモノレールの終点、

”Sentosa Station” 直結。

とにかく巨大なショッピングモールで

かたちも微妙に楕円形だったりして

めっちゃくちゃ迷いました。汗



両替所はB2、地下のフードコートの中ほどにあり

レシートが出て来たので金額がわかったんだけど

3,000B=105S$でした。

大してレート良くないですね。笑

ホテルのお兄さんに「VIVOのほうが全然レートがいい」と

教えてもらったんだけど

ホテルのフロントで両替した時は

3,000円=35S$。。。(´・ω・`)アレ??



まぁ、旅はレートや物価を調べずに現地に行って

「えーっ!」と驚くのが楽しみの一つでもあるので(笑)

これもいい経験になりました。



両替所と同じフロアにあった

巨大スーパーマーケットで水や食料を購入。

すっかりくたびれての帰路。



再びSentosa駅からBeach駅まで、4駅の旅。



外はすっかり夕景→夜景。



そしてBeach Stationについて、愕然。

なんと現地時間19:30〜20:30の間は、トラム運行休止!

セントサ島はとにかくタクシーをはじめとした一般車両が走っていない島なので

仕方なく、バスに乗りました。。。



最寄りのバス停からホテルまで20分、

娘を抱っこ、重たい荷物を持ちながら、よろよろ歩きました。

イレギュラーな事態に対応するセーフティネットがないっていうのは

バンコクの便利さに慣らされた身にはこたえましたけど、

労働者の権利がしっかり守られてるっていうのは

いいことだと思います。



初日はこれで終了。

ぐっすり熟睡。

2日目は旅のメインイベント、

ユニバーサルスタジオ・シンガポール♪


ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
 
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
日帰りホーチミン
ちょっと野暮用で日帰りホーチミン。

詳しい理由はどうか聞かないでやってください・・・。



2児連れであちこち出歩く元気がなかったので

空港の目の前にあるParksonデパートでお茶&お買い物。

私の数少ない経験からいくと

チェンマイのセンタン>Parkson>ウボンラチャタニのスニー

という感じでしたよ。

雰囲気とか品揃えとか総合点で。



ちなみに空港から超至近距離のParksonまで

タクシーで片道「20,000ドン」と言われ、

そのあまりの桁数の多さに衝撃を受けました。

ラオスでビアラオ「10,000キップ」と言われた時以来。

やっぱり旅は通貨も調べずに行くのが一番ですよねー(なんつってw)



帰りのバッゲージチェックは長蛇の列。

待ちくたびれて列から脱走する娘。

タイだとイミグレもバッゲージチェックも

子連れは優先レーンに連れていってもらえるのですが

ベトナムではそんなことはなく。

っていうか日本でもどこでもこれが普通なんでしょうね。

タイが特別優しい国なんだと痛感。

本当にありがたいことです。



・・・これではあまりにもベトナムっぽい感じなさすぎ!と思って

あわてて空港のカフェで撮りました。

何がベトナムっぽいかって?

コカコーラ社のミネラルウォーター、「いろはす」のベトナム版っすよ!

・・・ええほんとこれぐらいなんです、ベトナムっぽいものは。。。orz

それぐらい駆け足の旅行で、さすがに息子に

「なにかベトナムにきた思い出の品がほしい!」とせがまれ

売店で買ったアンバー。14ドル。

この人、宝石がすごく好きなんです。

ルースストーンをいくつか集めて宝石箱に大事にしまってます。

うちの大叔父が鉱学部で石の勉強をしていた人なので

その血をひいてるんでしょうかねー。

いやー、なんか不思議な子。



そんなこんなであっという間のホーチミン旅行でした。

今度はゆっくり宿泊コミで行けるといいな〜

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


   
 
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
counter
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ