アチログ

バンコク在住ミュージシャンACHIのブログです
<< ごぶさたです | main | 子連れ旅行 お役立ちアイテム-2 >>
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
子連れ旅お役立ちアイテム-1
ご無沙汰です。
ACHIです。
生きてます。笑

?*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:(☆v☆ )。゚:*:?.。?.。キラキラ☆

↑女子力高そうな顔文字を無理して使ってみても、拭いきれない逞しさと生活力みなぎる異国生活7年目。

先日の子連れビエンチャンでラオス旅行6回目となり、他にスリランカ、シンガポール、ベトナムに各一回。

タイ国内はチェンマイ5回(うち1回は洪水避難で1ヶ月居住)を始め

フアヒン、パタヤ、カオヤイ、ロッブリーのスアンプン、シラチャー、カオッキアオ、ウボンラチャタニー等合計13回。

6年3ヶ月で結構いろんな所に旅をしましたー。しみじみ。

ということで、本日は子連れ旅行の便利アイテムをご紹介したいと思います。

まず(1)洗面器!


凸凹していてちょっとスペース取っちゃうんですけど

・シャワーがずんと上の方(下手したら天井)に固定式

・水量や湯温が安定していない

そんなホテルに泊まった際、威力を発揮します。

ビーチリゾートの外資系ホテルにありがちな固定式シャワー。
欧米人サイズの箇所についているのでめっちゃ高い。大人でも不便。
子供達の頭の高さに降り注ぐ頃にはもはや霧雨w
なかなか泡がすすげません。

お湯をある程度洗面器にためて、ジャバーっっと流すだけでかなり時間短縮、ストレス軽減できます。

また、湯量が安定しているかどうかの分水嶺はだいたい日本円にして一泊3,300円ぐらい。
バーツにして一泊1,000B以上のホテルだとわりと問題なくお湯が出るという印象です。

我が家はそれ以下の安ホテルにもガンガン泊まるのでw、時々裸で延々と「お湯、出ないねー....」とシャワー口を見上げて風邪ひきかけたり。

「あ、お湯になった!あ、熱っ!みーず水水!つ、冷たっ!あ、熱っ!つ、冷たっ!」(以下エンドレス)、温度調節に匠の技が必要なケースも。

そんな時は洗面器の中で湯と水を混ぜてちょうどいい温度にしてから、ジャバーっ

部屋にプラスチックのゴミ箱があれば尚よし。
石鹸で中を綺麗に洗って、ちょうどいい温度である程度の量湯はりをしておき、洗面器ですくってジャバーっ

。。。あ、ドン引きの音が聞こえて来た気が。これはさすがにちょっとサバイバルすぎましたかね??
タイの手桶シャワー方式です。エコです。キリッ(笑)

今や日本は全自動タッチパネル給湯が常識。蛇口をひねれば適温で清潔なお湯が
じゃーじゃー出てくるという。
本当に水資源に恵まれた、世界的に見ても豊かな国ですよね。
でも一歩海外に出るとそうはいきません...

浄水が出てくるだけで有り難やー。
天の恵みに感謝ーです。
我が家はいずれ川で行水OKが目標です。頑張ります。ふふふ

part2に続きまーす(≧∇≦)



ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    




| バンコク 育児 | 15:39 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:39 | - | - | - |









SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
counter
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ