アチログ

バンコク在住ミュージシャンACHIのブログです
<< 2/22(金)ASIA Sunriseライブ@WOODSTOCK | main | 2/24(日)ASIA Sunriseライブ@HIDEAWAY(シラチャー) >>
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
2/23(土)ASIA Sunriseライブ@HARMONICA
ASIA Sunriseのライブには色んな想いがつまり過ぎていて

なかなか記事や写真がアップできません。。。

形にすると風化してしまいそうで、

言葉にすると陳腐になってしまいそうで、怖い。

あのすごいライブは、とにかく観てもらうしかない、

実際に観てもらわないと絶対にわかってもらえないので。



でも考え方を切り替えて、

自分のための備忘録としてアップします。

いわゆる「ザ・ベストテンの徹子のアルバム方式」です。



2/23(土)は”U Are Heré Platform.17”に出演。

/w Low Fat, U-Key, aire, Kinetics

ほんっとにこの日の全出演者が素晴らしかったです!!!



大樹さんが静かにギターを奏で始めると

会場の空気がユランとかわった。




一曲目、「ハートマーク」。





昨年10月、高円寺STAX FREDのライブで聴いて

「あ、大樹さんにタイに来て欲しい」と思った。その曲です。

今後日本人が”共通意識”として持ち続けるものを

自分だけが持っていないような

負い目、ううん違う。なんだろう。贖罪に近いんだろうか。

どうして死んだのが自分じゃなかったんだろう、と思っている私には

とても必要な曲だと感じました。

(すみません、ほんとに主観です。)





そしてGinnくんを呼びこんで、いきなりのセッション。

出会って2日目、リハもちょっと合わせただけだったのに

不思議な、通じ合える人達だけが持つ空気感が流れていて

のっけから鳥肌。


タイトルがわからないんです。


♪ アゲハチョウでもなくて カブトムシでもなくて

 追いかけつづけた少年の 想いは

 いつしか純粋をとびこえて 情熱へと ・・・ 


もう、むちゃくちゃかっこよくて、

どうしてGinnくんはこの曲を知っているんだろう?と思ったの。

でも最近FBにて、Saigenjiくんの呟きでうぅーと唸った。

「そのものについて習熟するということは

 そのものに対する直感力が研ぎ澄まされるということ」 うぅー。





そして、「とてつもなく深く海を泳ぐ魚の夢をみた」。

ドラムってこんなにすごい楽器だったんだ。

音楽って”何をするか”より”誰とするか”が一番大事で

自分も輝いて、相手も輝かせることができる才能こそが、才能。


さらにYusukeさんとWednesdayを呼びこんで「雑草」。


♪ 花は咲く 雑草は生きる

  その響きのちがいを 知る

 輝きだすとき 輝きだすとき

 輝きだすとき 輝きだすとき ・・・
 




シューゲイザー系ギタリストのWednesdayが

ベース弾いているところを初めて見て、びっくりした。

リハでやってたら急遽飛び入り参加だったそうです。

しかもレゲエ。

でもそういえば壁のヴァイナルにボブ・マーリーもあったよね。

演奏していくうちにどんどん導かれるように覚醒して、

すごいリフが出て来たりして、Wednesdayすげえ!と思いました。

彼も4月に日本ツアーに行きますので、要チェック。





そしてYusukeさん。

普段はカッティングのリズム感・命、

オ○ニーソロをぎゅいんぎゅいん弾きさらす気は全くない

いかにメロディを支えるかという美学を持つおとこ。が

 ソ ロ 弾 き ま く っ と っ た !!!

この人どれだけ引き出しもってるんだろう???と。驚愕。

(今度無茶ぶりしてみよう。。。)





で、大樹さんはというと、

ど真ん中で、オーラで指揮をとっていました。





Ginnくん曰く、

次はこうするよっていうのが背中からぶわーっと伝わってきた、と。

だから盛り上がるところも、ブレイクも、全部わかった、と。

こんな経験初めてだった、と。





4人のグルーヴが気持ちよすぎて軽くトランス入りました。

セッションが終わったあとの、二人のがっちり握手。





再び一人でステージに立ち、「古い家」。

これ実は私のリクエスト。大好きなんです。


♪ 古い家に ぼくは まもられていた

  古い家に ぼくは まもられていた


しんと静まり帰る会場。

私はもう涙なんてぜんぜんとめられなくて口を開けて見ていた。



そして大樹さんがこれで終わり。。。という雰囲気を醸しだした時、

会場から「もっと聴きたいです!!」の声が。

(aireのReo王子でした!感涙)



「じゃ、最後に一曲だけ。」と言って

ギターのコードを抜き、マイクを外し、

生ギター、生歌で、「歩く人」。

会場中に響き渡る、音楽。

まさにそれこそ、音楽。

ただただ、もう。

これ以上、なにも書けないので

”U Are Heré” 主催者のLow Fat・Sanoさんの言葉をお借りします。

「終わったあと、拍手なんてできなかった。

大樹さんが創り出した音に、自分の音なんて何一つ足せなかった」と。





ステージを降りてすぐの大樹さんを撮ってしまいました。

すみません。

男の、いや、漢の色気全開で、会場中の女子と男子が倒れかけました。

この後は観客中から握手ぜめ、写真ぜめ。

泣いている人もたくさんいたな。

それもね、ちゃんと分別のついた、

清濁呑み合わせながら日々きちんと生活しているであろう

いろんな責任をしょってがんばっているであろう

ステキな、大の大人達が、ぽろぽろと涙を流していたの。



人は甘いお菓子だけを食べて生きていけない。

絵空事だけを夢見て生きていけない。

一周まわった大の大人だからこそ、響く音楽。

私はLow Fatにもそれをすごく感じるの。

あれができるのは、世界中にSanoさんだけ。



そういえば、終演後Sanoさんと大樹さんは長く話してましたね。

純粋で大人な男たち、通じ合うものがあったのかなと。

そしてなんとSanoさんは、翌2/24(日)のシラチャーライブにも

一緒に来て、ライブを見てくださったんです。

これ以上に嬉しいことは、ないです。ほんとに。



って、いやー・・・・・・・

長い!長いよ!

なんだかんだいってめっちゃ書いとーがね私!

いいんです、最後まで読みたい人だけ読んでくれれば。あはは。笑



ではこの勢いで24日のライブもアップしますー。うしゃー!

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


| 音楽 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | - |
achiさん、僕のことまで書いてくれて、感謝感謝です。

今回の3人のセッションじゃないけど、僕だけではどうにもならない次元の出来事を、4人でやることでやれている感じです。そして、それにお客さんの熱が加わったとき、何かが起こるんですよね。だから、ライブが楽しくて仕方ない。

大樹さんにつなげてくれたことにも、感謝感謝です。だから、音楽が楽しくて仕方ない。
| LowFat vocal SANO | 2013/03/02 11:11 AM |

>Sanoさん

いえ、こちらこそ勝手に書いちゃってスミマセン。

ほんとに、いろんなことが起きるのがライブであり、音楽ですよね。今回は私も心震える体験がいっぱいあって、音楽に対する情熱がフツフツとたぎってきています。

今月のU Are Her&eacute;も楽しみにしていますよー。3/23ですよね?また素晴らしいライブをみせたってください。^-^/
 
| ACHI | 2013/03/07 1:12 AM |










http://achi-singing.jugem.jp/trackback/681
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
counter
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ