アチログ

バンコク在住ミュージシャンACHIのブログです
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
Asia SunRise Live Tour in Thailand DEC/2013
慌ただしく過ごしているうちに、もう師走ですね。

今年も残りわずか。早い、早いよー。

そんなわけで緊急告知!

2013年2月のライブツアーでバンコク・シラチャーの音楽
ファンの

心を揺さぶり鷲づかみにしたASIA SunRise!

熱烈ラブコールに応えて待望の再来タイ決定です!!!



ガットギター弾き語り。

なにしろギターが完全に身体の一部になっている人。

少しでもギターをかじったことがある方とか

音楽を聴きこんだことがある方なら

どれだけ超絶ものすごい演奏か一発でわかると思います。



そして時に力強く、時に繊細に紡がれる、圧倒的な歌声。

酸いも甘いも噛み分けて、何周も周りきった、大人の音楽。



もちろん女性にもモテる方なのですが

ファン層は30代40代男性が中心。

いわゆる”男が惚れる男”というやつです。



いちおう子育中の身として

あんまり汚い言葉を使っちゃいけないって思ってるんだけど

でも、ASIA SunRiseがわざわざバンコクに来るというのに

このライブを聴かなかった人は おばかー!!!

と声を大にして叫びたいです。

やーほんとスミマセン。

でも本気です。

本当に本当にものすごい音楽なんです!



日々きちんと一生懸命生きていて

最近ちょっとおつかれ気味の

大人の男性と女性に聴いていただきたいです。



12/12(木)
18:00〜OPEN/19:30〜START
@ Brown Eyes (Sukhumvit soi 12)
650B (タパスビュッフェ&1ドリンク付き)
 

12/13(金)
21:00〜1stステージ/22:00〜2ndステージ
@ ニライカナイ トンロー(Thonglor soi 11)
ミュージックチャージ無料


12/14(土)
19:00〜
@ Hideaway (Soi Sony, Sriracha)
300B


12/16(月)
21:00〜
@ Harmonica (Ozono, Sukhumvit soi 39)
300B (1ドリンク付き)
/w ACHI AND Co.



ASIA SunRise (アジア サンライズ)

畑崎大樹(Vo&Gt、作詞作曲)を中心とした、特定のメンバーを持たない音楽ユニット。主にギター弾き語りを中心にライブ活動を行う。

29歳まで地元和歌山にて
喫茶店を経営、30歳で上京し音楽活動に専念という一風かわった経歴を持つ。

幅広い音楽に影響を受けつつ、それにとらわれない自由なメロディーと飾らない歌詞で、まっすぐストレートに歌いあげる。

その力強く繊細な音楽性は、聴くものすべてを虜にする。

年間10
0本以上のライブに招かれ、「SUMMER SONIC '06」他、野外フェスにも多数出演。

現在までに5枚のアルバムをリリース。

2011年3月に発売されたアルバ
ム「情熱すてるな」から、タイトル曲「情熱すてるな」が、テレビ朝日「ちい散歩」4月〜6月エンディングテーマに、「その男はアジの開きを食った」が、テレビ東京「板尾ロマン」7月エンディングテーマに起用され、各方面から大反響を得る。

公式HP
http://asiasunrise.jp/

公式blog
http://ameblo.jp/asiasunrisehappy/



CDやDVDとも違う。

youtubeなんて足元にも及ばない。

ライブ演奏の、生の臨場感を体感して頂きたいです。



皆さまぜひお誘い合わせまくりのうえ

万障お繰り合わせまくりのうえ

万難排しまくりのうえ

ぜひぜひ会場に足を運んでくださいませ。



よろしくお願いいたします!!!



ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    



 


| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
Fujiyama Night Vol.34

今日はFujiyama Night!

もう34回目なんですね。

オーガナイザーのNamiさん、ほんとに凄い。

初めてCosmozを観たのが3回目、自分が出たのが翌4回目。

あれから3年経つんですね、はやぁ〜・・・。



トップバッターはNAK(ナック)!!!

クロスビー・スティルシュ・ナッシュ&ヤングのカバーをしている

とてつもない実力派ギターユニット。

サザンロックっていうジャンルなんですけど

よかったら「CS&N」とか「CSN&Y」で検索してみてください。



やー、ほんと大好き。いいバンドです、NAK。

youtubeのお気に入り登録に3曲も入ってますもん。笑

インペリアルでの「みずおかトリオ」ライブにも参加されていて

木、金、土、日と4日連続ライブの3日目、

よりチームワークがっちり、息もぴったり、

ハーモニーの美しさに聴き惚れてしまいました。



今日も息子と一緒に来ました。

NAKのK担当、K原さんのギターの弦が12本もあることに驚いていました。

「なんでー?じょうずだから一本ずつふやしてったのー?」

あながち間違っていないかもよー。( ̄ー ̄)ニヤリ



2組目、Hayato Imanishi!!!

大好きなバンド”With You At Home”フロントマン、

Imanishiさんのソロプロジェクトです。



シューゲイザーって、音響系の一種なんですけど

足元にずらっと並んだエフェクターを踏んで

一つ一つの音を録音しながら精緻に織り重ねていく。

いわば”即興ギター人間オーケストラ”。



このジャンルにはステキなミュージシャンがたくさんいるけれど

Imanishiさんのシューゲイザー、ほんと個性的で面白かった。

多分音の捉え方が点と線じゃなくて面と面?という感じで

奥行きと広がりが物凄かったです。

上の写真は、ギター付設のマイクに声を乗せているシーン。



シューゲイザー初体験の息子も目をグリッグリに丸くして

「ねぇ、音が!音が!すっごくながくつづいてるよ?!」とか

ずっと話しかけてくるのがうるさかったです。笑



ちょっとモゾモゾ動いたりしつつも

じっと聴いていてくれて助かりました。ありがと息子。



3組目、Indi!!!

伝説のアカペラコーラスグループNamelessから

メンバーチェンジを経てAlomdi、

そして今回あらたなユニットIndiに生まれ変わったんですね。

男声3人、女声2人、なんかすごい美男美女揃いでしたわ。

まだちょっと声が混じり合っていない印象を受けましたが

ボイパの方とメインボーカルを取る方がどなたもとってもお上手で

これから回を重ねるごとにどんどん伸びて・混じっていく

可能性を感じさせるユニットでした。

ハモるのって、気持ちいいよね❤



おまけ

NAKのA担当、A師匠が撮ってくださったラブラブ写真(笑)

いつも自分が撮影する側なので

自撮りじゃない息子との2ショット写真って

ほとんど無いんですよね。

ありがたく保存させて頂きました。ありがとうございまーす!



明日はいよいよ自分が出演するアウターライブです♪

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    



 

| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
JAZZ LIVE(水岡のぶゆきグループ)
今週は怒涛の音楽週間。

今日は日本から来タイ中のジャズピアノトリオ

「水岡のぶゆきグループ」のライブを

息子と一緒に観てきました。

会場はインペリアルクイーンズパークホテル1階の

Sandowners Bar。



水岡さんの軽妙洒脱な心地よいピアノ、

ベースとパーカッションとも息がぴったり。

スタンダードからオリジナルまで幅広い選曲で

息子もノリノリで手を叩きながら聴いていました。

そしてボーカルのCamaraさん!すばらしかった!

安定感あって、情感たっぷりで、上手すぎて泣けるの。

特に「りんご追分」、絶品でした。最高でした。



ベリーダンスのMaasaちゃん。

いつも本当にセクシーで美しいMaasaちゃんですが

今日はあまりにもセクシーすぎてドキドキ、直視できないほど。

私の中のおっさんスイッチが入ってしまいました。ははは。笑



そして、ピアノ弾き語りの結衣花(ゆいか)ちゃん。

あまりにも音楽に聴き入りすぎて、ろくな写真が撮れませんでした。

ごめんなさい。

普段はCresente(クレシェンテ)という音楽ユニットで活動していて

私もよくライブで一緒になる音楽仲間なんだけど

今日の演奏、本当によかった!!!

女の人の弾き語りって、”ナウシカ感”が高まるっていうか

凛と存在している感じ、すくっと立っている感じ

美しく闘っている感じ、がとっても応援したくなるんですよね。

結衣花ちゃん、凛として美しかったな。

素晴らしい演奏だったな。

これからもどんどん弾き語って欲しいです。



と、ここで21:30となり、時間切れ。

ライブ途中で会場を後にしました。



Jazzライブを観るのは初めてだった息子、

帰りのタクシーの中で「どうだった?」と尋ねてみたら

「えっとねー、黒い服のおねえさんと、

そのあと踊ったおねえさんと、

あとピアノをひいてうたってたおねえさん!



おまっ、女の人しか憶えてないんか!!!ww



音楽はジャンルやカテゴリーではなくて

心と体、全部で聴くもの。楽しむもの。

と思ってくれているのなら母は嬉しいのですが。^-^;


ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| 音楽 | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
2/24(日)ASIA Sunriseライブ@HIDEAWAY(シラチャー)
最終日はシラチャーで、2マンライブ!

貸し切りバンなら1時間半。

シラチャー、近い!



前半は映像を撮っていたので、写真はありません。

で、肝心の映像ちょっと見てみたら

とんでもないことになってました。

揺れて、ブレて、叩いて、泣いて、

入ってしまった、うっかりしてた、入ってしまった、嗚咽。



この日もGinnくんとセッション。

「その感動は自分で決めろ」

♪ Ginnくんのカホンを聴いてると

  挑戦してみたくなるんだ

それから「とてつもなく深く海を泳ぐ魚の夢をみた」。

カホンヴァージョンもまた奥行きがあって、最高でした。

この辺りのGinnくんはもうなんていうかすごく神々しくて

ヨガマタの修行後の写真を思い出しました。





そしてYusukeさんも参加しての「雑草」。

この曲、まだCD化されてないんですって。

というかASIAの曲にはそういう名曲いっぱいあります。

ライブでしか、聴けない。

山頂に登らないと、雲の上の景色は見られない。





この日のお客様、すごかったです。

初めて会う、初めてのお客さん。完全ドアウェイ。

でもあんなに全員が、全員が、盛り上がってくださるなんて。。。

大樹さんとお客様が呼応していました。

一曲ごとに大拍手。大声援。





また選曲がすごくよかったんだな。

「月のうた」、「Sunshine Boy」、「ティッシュ」、

働く男たちの街シラチャーで、「Work Song」。

最高でした。シラチャーで聞いてより好きになりました。





そして、「情熱すてるな」。

リクエストに応えて「その男はアジの開きを食った」をアコギで、

そして最後。生ギター・生歌で、「バトン」。





この流れはちょっとやばくて、

大人の男達がポロポロと涙を流していて、

なんて書くと陳腐になっちゃいそうで怖いんだけど

ちがう、ちがうの。

こんなピュアな涙はないっていうぐらい透き通った美しい涙で

働く男たち(もちろん働く女たちも)かっけえ!て思いました。





私、日本の働くおっちゃん達が世界一かっこいいと思う。

もう、間違いない。

だからシラチャーに住んでるおっちゃん達もさ、

あんまカラオケとかゴルフとかで自分の傷口を糊塗してばっかりいないで

感性シビれただっさいおやじになっちゃわないで

時には本物のライブを見てそのステキな心をリフレッシュさせてください

あ、また余計なこと書いたった。

まあいいか。笑



とにかくシラチャー、来るまでは正直不安もなくはなかったけれど

来てよかった。ほんとによかった。て思いました。

HIDEAWAYのナカタさん、カワニシさん、ヌイちゃん、常連のみなさま、

お店と私たちとを繋げてくれたカズミちゃん!!!

本当に本当にありがとうございました。

いっぱいお酒とゴハンもご馳走さまでした。

(大赤字になっていないでしょうか??)

シラチャー、また行かせてください。

(今度は私以外全員泊まりで。笑)



大樹さん、こんなとこ読まへんよねー。笑

でも書きます。笑



あなたはほんまに”アジアの夜明け”です。

温かく、柔らかく、激しく、深く、

私たちの人生の一瞬をキラっと照らしてくれて

その残像が網膜に焼き付いて離れません。

タイに来てくれて、本当にありがとうございました。

また来てください。

お願いします。

みんなで待ってます。

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| 音楽 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
2/23(土)ASIA Sunriseライブ@HARMONICA
ASIA Sunriseのライブには色んな想いがつまり過ぎていて

なかなか記事や写真がアップできません。。。

形にすると風化してしまいそうで、

言葉にすると陳腐になってしまいそうで、怖い。

あのすごいライブは、とにかく観てもらうしかない、

実際に観てもらわないと絶対にわかってもらえないので。



でも考え方を切り替えて、

自分のための備忘録としてアップします。

いわゆる「ザ・ベストテンの徹子のアルバム方式」です。



2/23(土)は”U Are Heré Platform.17”に出演。

/w Low Fat, U-Key, aire, Kinetics

ほんっとにこの日の全出演者が素晴らしかったです!!!



大樹さんが静かにギターを奏で始めると

会場の空気がユランとかわった。




一曲目、「ハートマーク」。





昨年10月、高円寺STAX FREDのライブで聴いて

「あ、大樹さんにタイに来て欲しい」と思った。その曲です。

今後日本人が”共通意識”として持ち続けるものを

自分だけが持っていないような

負い目、ううん違う。なんだろう。贖罪に近いんだろうか。

どうして死んだのが自分じゃなかったんだろう、と思っている私には

とても必要な曲だと感じました。

(すみません、ほんとに主観です。)





そしてGinnくんを呼びこんで、いきなりのセッション。

出会って2日目、リハもちょっと合わせただけだったのに

不思議な、通じ合える人達だけが持つ空気感が流れていて

のっけから鳥肌。


タイトルがわからないんです。


♪ アゲハチョウでもなくて カブトムシでもなくて

 追いかけつづけた少年の 想いは

 いつしか純粋をとびこえて 情熱へと ・・・ 


もう、むちゃくちゃかっこよくて、

どうしてGinnくんはこの曲を知っているんだろう?と思ったの。

でも最近FBにて、Saigenjiくんの呟きでうぅーと唸った。

「そのものについて習熟するということは

 そのものに対する直感力が研ぎ澄まされるということ」 うぅー。





そして、「とてつもなく深く海を泳ぐ魚の夢をみた」。

ドラムってこんなにすごい楽器だったんだ。

音楽って”何をするか”より”誰とするか”が一番大事で

自分も輝いて、相手も輝かせることができる才能こそが、才能。


さらにYusukeさんとWednesdayを呼びこんで「雑草」。


♪ 花は咲く 雑草は生きる

  その響きのちがいを 知る

 輝きだすとき 輝きだすとき

 輝きだすとき 輝きだすとき ・・・
 




シューゲイザー系ギタリストのWednesdayが

ベース弾いているところを初めて見て、びっくりした。

リハでやってたら急遽飛び入り参加だったそうです。

しかもレゲエ。

でもそういえば壁のヴァイナルにボブ・マーリーもあったよね。

演奏していくうちにどんどん導かれるように覚醒して、

すごいリフが出て来たりして、Wednesdayすげえ!と思いました。

彼も4月に日本ツアーに行きますので、要チェック。





そしてYusukeさん。

普段はカッティングのリズム感・命、

オ○ニーソロをぎゅいんぎゅいん弾きさらす気は全くない

いかにメロディを支えるかという美学を持つおとこ。が

 ソ ロ 弾 き ま く っ と っ た !!!

この人どれだけ引き出しもってるんだろう???と。驚愕。

(今度無茶ぶりしてみよう。。。)





で、大樹さんはというと、

ど真ん中で、オーラで指揮をとっていました。





Ginnくん曰く、

次はこうするよっていうのが背中からぶわーっと伝わってきた、と。

だから盛り上がるところも、ブレイクも、全部わかった、と。

こんな経験初めてだった、と。





4人のグルーヴが気持ちよすぎて軽くトランス入りました。

セッションが終わったあとの、二人のがっちり握手。





再び一人でステージに立ち、「古い家」。

これ実は私のリクエスト。大好きなんです。


♪ 古い家に ぼくは まもられていた

  古い家に ぼくは まもられていた


しんと静まり帰る会場。

私はもう涙なんてぜんぜんとめられなくて口を開けて見ていた。



そして大樹さんがこれで終わり。。。という雰囲気を醸しだした時、

会場から「もっと聴きたいです!!」の声が。

(aireのReo王子でした!感涙)



「じゃ、最後に一曲だけ。」と言って

ギターのコードを抜き、マイクを外し、

生ギター、生歌で、「歩く人」。

会場中に響き渡る、音楽。

まさにそれこそ、音楽。

ただただ、もう。

これ以上、なにも書けないので

”U Are Heré” 主催者のLow Fat・Sanoさんの言葉をお借りします。

「終わったあと、拍手なんてできなかった。

大樹さんが創り出した音に、自分の音なんて何一つ足せなかった」と。





ステージを降りてすぐの大樹さんを撮ってしまいました。

すみません。

男の、いや、漢の色気全開で、会場中の女子と男子が倒れかけました。

この後は観客中から握手ぜめ、写真ぜめ。

泣いている人もたくさんいたな。

それもね、ちゃんと分別のついた、

清濁呑み合わせながら日々きちんと生活しているであろう

いろんな責任をしょってがんばっているであろう

ステキな、大の大人達が、ぽろぽろと涙を流していたの。



人は甘いお菓子だけを食べて生きていけない。

絵空事だけを夢見て生きていけない。

一周まわった大の大人だからこそ、響く音楽。

私はLow Fatにもそれをすごく感じるの。

あれができるのは、世界中にSanoさんだけ。



そういえば、終演後Sanoさんと大樹さんは長く話してましたね。

純粋で大人な男たち、通じ合うものがあったのかなと。

そしてなんとSanoさんは、翌2/24(日)のシラチャーライブにも

一緒に来て、ライブを見てくださったんです。

これ以上に嬉しいことは、ないです。ほんとに。



って、いやー・・・・・・・

長い!長いよ!

なんだかんだいってめっちゃ書いとーがね私!

いいんです、最後まで読みたい人だけ読んでくれれば。あはは。笑



ではこの勢いで24日のライブもアップしますー。うしゃー!

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


| 音楽 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
2/22(金)ASIA Sunriseライブ@WOODSTOCK
ものすごいライブでした。

ものすごいライブでした。

ものすごくものすごいライブでした。

見られなかった皆さん、一生後悔してください!笑



まだ余韻・感動さめやりませんが、写真アップ。

こちらダウンロード推奨です。

連続クリックするとぱらぱら漫画みたいに映像化されます。笑













演奏曲

・ハートマーク

・美しい花

・Touch

・秘密

・雑草

・原色

・月とつぼみ

・Sunshine Boy



順不同、かつ抜けている曲があるかも。すみません。

セットリストちゃんと記録つけておこうと思ったんだけど

一曲目からASIA Sunriseワールドにひきこまれ

すっかり忘れてしまいました。ダメオーガナイザー。。。



大樹さんの演奏を聴くと、シラフではいられなくなる。

心の奥深い部分にグっと何かが染みこんで、忍びこんで

どかんとダイレクトに感情が伝わってきて

自分の感情もみるみるむき出しになって行く。



今回のライブ、周知が徹底していなくて

知らなかった方もたくさんいたと思うんですけど

こんな素晴らしいライブ、音楽、心を聴けなかった皆さんに

全力で謝りたいです。

本当にごめんなさい。

次回タイに来てくれる時はもっともっと、

音楽ファンの皆さんに聴いて頂けるように努力します!



既に今回のツアーを見て衝撃を受けた人達で

「ASIA Sunriseを再びタイに呼ぶ会」が発足しました。

(どれだけ凄かったか、わかるでしょ?)

今年中の再ライブを目指して私もがんばります!

少しでも気になったかたはネットでASIA Sunrise、ググってみてください。

どうぞよろしくお願いします!

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
 
| 音楽 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
aireレコ発!
aireレコ発イベント、行って来ましたー!!!

一昨日も書いたけれど、もっのすごいラインナップで

密度の濃い素晴らしい音楽イベントでした。



Wednesay


Free-Style Vol.3にも出演してくれた気鋭のタイミュージシャン。

見るたびに進化していて、今日は思わずングッ!と息を呑みました。

ロックでジャジーでいい意味でキャッチーなメロディが

複雑に構築されたリズムと絶妙に絡みあって、

ぐいぐい世界観に引き込まれました。

また自分のイベントにも出演して欲しいなー!



With You At Home


久々のウィズユー!

ギターのImanishiさんは日本人で、もう一人のギターがアイルランド出身、

リズム隊がタイ人という編成です。

今日も青い炎が激しく美しく揺れていましたよ。

ドーンと来る圧倒的な音圧、

全体を貫く一種の叙情性。

良質な短編映画を見るような・・・。

ほんといいバンドだなーとしみじみ思いました。



Pop dub


ROVOの勝井さんのバンコクツアーで一度対バンさせて頂きました。

あの時の勝井さんとのセッション、今思い出しても鳥肌。

もうほんと笑っちゃうぐらいに全員くっそ巧くてくっそカッコいいバンドです。



右端の方は、タイの超有名バンドのフロントマン。

あんまり活動を大っぴらにしていないらしいのですが

興味ある方は「スクラブ タイ」←を英語スペルにしてググってみてください。

タイの「スピッツ」というか、タイの「くるり」というか

人気も実力も兼ね備えたバンドで

先日のFatフェスでも1万人動員で

ムアントンタニーをぐらんぐらん揺らしてました。

そのバンドのサポートの方々がベース・ギター・ドラム。

全員ばりばりのタイのトップミュージシャン。

豊潤な音楽的バックグラウンドに酔いしれます。

そんな人たちが皆さんのお住まいのすぐ近く、

スクンビット39で演奏してるんですよー。

なのに今日これを聴きにこなかった人は、×××!(←自主規制w)



aire!


日タイミックスのポストロック。インストバンド。

ロック好きな方はまぁぜひ一度ライブを見てみてください。

理屈抜きに、心をつかまれますよ。



今日のHARMONICA、レコ発を待ち望んでいたファンで超満員でした。

30屬阿蕕い離好據璽垢100人近かったんじゃないかな?



今日「ポストロックて、なに?」と聞かれて、ふと思ったんだけど

”リア充感が功を奏す音楽ジャンル”、なんじゃないかって。

それが従来のロックと一線を画すところで

プラベもてもてで充実してる感じ、

いいとこの子っぽい感じ、

スマートで劣等感なさそうな感じ、

ギフテッドな感じ、が

あればあるほどいい。という音楽。

(あくまで私見です。笑)

aireはリア充感が半端ないんですよね。

気張らずかっこつけずフツーにしていても、かっこいいの。くやしいほどに。笑

そういうかっこいい人達が

水面上には顔を出していない巨大な氷山の質量を

みじんも感じさせずに、奏でる音楽。

(くれぐれも、私見です。笑)



新曲もかっこよかったー!!!

最後の曲とか、演奏の昂ぶりに心を揺さぶられて、グっと来ました。

もう少しで涙腺決壊でした。やばかった。



こんな素晴らしい演奏。

こんな素晴らしいイベント。

音楽っていいものだなー、と。

陳腐かもしれないけれど、よしゃ明日から自分もがんばろう!と

素直に思えました。

本当にありがとうございました。

Thank you aire!

Thank you all!

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
2/9(土)aireレコ発!
今週の土曜日(2/9)、20:30〜は

aire レコ発 @ HARMONICA です!!!


aireはACHI & Co.でカホンを叩いているGinnくんが率いる

ちょーかっこいいポストロック・インストバンドです。

共演のWednesday、Pop Dub、With You At Home、

今のタイのポストロックシーン代表し、かつ

ポストロックの枠組だけではとらえきれない

もんのすごい実力派ミュージシャンが勢ぞろいです。

このラインナップは本当になかなかない!

音楽好きは全員集まれー!

会場はスクンビット ソイ 39のHARMONICAです。



四季のないタイで生活していると

だんだん感性がゆるく、おおらかに、のんびりと、

悪く言えば鈍くなっていくのは否めません。。。

生の音楽に触れるのは、脳を活性化させる一番の方法だと

脳科学者の茂木ナントカ先生も言ってました。

今回のイベントは本当に間違いなく来てハズれなしなので

ぜひ皆さん一緒に音楽で感性をビシっとひきしめましょー!

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
LUNA SEA バンコクライブ

本日20:30〜、ムアントンタニのImpact Arenaにて

LUNA SEAのバンコク初ライブ、行ってきましたー!!!



個々の演奏力・楽曲の完成度・ステージング・バンドとしてのまとまり、

どれもが本っ当に素晴らしくて

初めてライブを観た私もファンになってしまいました。

2時間ずっと踊りっぱなし、あーもう全身筋肉痛。笑



ぶっちゃけちょっと偏見があったかもしれないなー、と

観終わった後で反省しました。

ビジュアル系=アイドル的人気っていう側面もあるのかな、みたいな。

強力なファンに支えられていて、一見さんお断り的雰囲気なのかな、みたいな。

でも全然違いました。

やっぱりものすごいです。この人達の実力。

紆余曲折あっての20年選手をなめたらいかんですね。



今回はなんと場内「カメラ持ち込み禁止」だったので

(タイのコンサートで、あり得ないー。超びっくりー)

アップできるのはチケットのみ。

でも会場内ではみんなスマホやタブレットで撮りまくりでした。

さすがのアメイジングタイランドクオリティ。笑



こちらが裏面。

左下の数字、見えるでしょうか。”1”!

なんと最前列だったんですー。



一番右端、ちょうどSUGIZOの真ん前でした。

ギターソロの美メロにも感動したけど

カッティングとアルペジオのタイム感・・・・・まじ泣けました。



こんなプレミアムチケットを回してくださったマダムAとは

"ROVO"の勝井祐二さんのバンコクライブで出会ったのです。

勝井さんとSUGIZOさんはSystem7のライブ等で

一緒に演奏されてるんですよね。

なんだかご縁を感じます。

(Aさま!ほんとにありがとうございます!)



とにかくね、楽曲のクオリティが高い!

熱狂的ファンじゃない私でも半分以上は口ずさめるの。

あの時代のヒット曲って、見せ掛けのチャートだけじゃなくて

ホンモノの浸透度だったんだなーってつくづく思いました。



そして個々の演奏能力が・・・!!!

こんなに巧いバンドだったんだー、ってあらためて感じ入りましたよ。

SUGIZO、ベースのJ、ギターのINORAN、ボーカルのRYUICHI、ドラムの真也。(敬称略)

みーんなそれぞれにかっこよくて、キャラが立っていて。

誰一人欠けてもダメ、という。バンドとしての理想形。

20年経ってあらためて思うのは

売れ線のなにが悪いの??ということ。

キャッチーっていうのは人の心をつかむってことだから。

うまいだけ、かっこいいだけ、の人なら山ほどいるけれど

人の心をつかむ、時代の流れに乗る、っていうのは

努力ではどうしようもない才能だから。

現在進行形でも本当に凄いバンドだなーと思いました。




熱狂できる、昂揚感あふれるライブを、

本当にありがとうございました!

思い切って観に行って、本当によかった。感動した。

タイのファン達と一緒に、また次回ライブを楽しみにしていますよー!

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 

| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
Summer Sonic 2013

今年のサマソニのヘッドライナーが発表されたんですけど

MUSEMETALLICAですって奥様ー!



MUSE


METALLICA


ああー行きたいー。

けど2DAYSチケット、東京会場28,000円、大阪会場23,000円。高!

更に飛行機代とかホテル代とか考えたらとてつもないー。

でも行きたいー。



今日からサマソニ貯金しようかな。

モタサイやシーローに乗らずに買い物とかも全部歩きにして

1日100B浮かせれば、半年で18,000B(5万4千円)。

さらに週2のスタバをやめたら、半年で4,300B(1万3千円)。

結構たまるわー!w



ちょっと前にド貧乏時代の話を書いたんですけど

その当時も食事削ってでも観たいライブは観に行っていたので

まぁ自業自得っちゃ自業自得なんですよね。

Bluenoteの8,400円の席で、水しか飲まない。とか。^-^;

形で残るものはなるべく節約して

経験や体験には惜しみなく投資、がモットーであります。

自分自身も、子供達の教育に関しても。



MUSE見に行っちゃうかー。

息子も連れてっちゃうかー。

て、その前にその頃タイと日本のどっちにおるんかー。笑

行く末も定まらないくせに目先の楽しみにばかり気を取られる

ダメなわたくしです・・・。

ACHI


 
(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    



  

| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
counter
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ