アチログ

バンコク在住ミュージシャンACHIのブログです
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
俯瞰

インターに通う息子が先日、神妙な面持ちで

 

「Socialの授業中、フィリピン人の先生が『WW兇覇本人はフィリピン人をたくさん殺した』と言ってきたんだけど、ほんと?」

 

と聞いてきて。

 

 

あーーーきたーーー、と。

 

むずかしいのきたー、と思いました。

 

 

できるだけ感情は排して

 

(それでも混じるものはあるんだろうけど)

 

欧米列強、抗日ゲリラ、マッカサー、戦後補償など

 

エビデンスとれてる史実を淡々と伝えました。

 

息子は、フィリピンはもとより、この戦争での死傷者数に真っ青になり吐き気をもよおしていました。

 

 

それにしても

 

私的感情をなるべく入れず

 

右にも左にもかたむかず

 

事実を伝えるのはむずかしい。

 

不可能と言っても過言ではない。


 

日本語でも英語でも単語一つでニュアンスがかわるし

 

慎重に慎重に、、、と思って

 

えーと、えーと、を多用しながら

 

汗をかきながら話しました。

 

 

そして「ここからはおかあさんの個人的な意見ね」ということで。

 

 

世の中には、どんなに志は正しくとも、結果が裏目に出てしまうことだってある。

 

 

とくに国同士の関係は、お互いの主義主張が複雑にからまりあっているから、自分の立ち位置から見ていてもそれは一部分でしかない。

 

物事を俯瞰で見る必要がある。

 

(ふかん?)

 

そう、こうやって見ることだよ。

 

(と身振り手振りで説明)

 

 

むかーしおかあさんのCDを出してくれたレコード会社は「Consipio」と言う名前で

 

"視点をかえる" "俯瞰で見る"という意味のラテン語。

 

英語のConsiderの語源らしいよ。

 

レーベルのロゴは、ナスカの地上絵。

 

(ナスカの地上絵!)

 

 

そう。

 

なんと、地上から見ていたら石ころだったものが、俯瞰で見てみたら巨大な絵だった。

 

 

 

 

人は、物事をずっと同じ視点から見ていると、意外と本質に気づけない。

 

ふっと視点を変えて俯瞰で見られるようになると、いつもケンカばかりの妹の良さにも気づけるのかもしれないね。

 

(あ、ぎくっ汗)という顔をした息子。

 

まあオトナでもなかなか難しいのだけどね。

 

 

 

Consider、よく考えるというのは

 

深く考えることと同時に

 

視点を変えること

 

俯瞰で物事を見ることなんですね。

 

 

ほんとうに大切なことをたくさん教わった。

 

デビュー時関わってくださったみなさんに深く感謝です。

 

 

あの時も、今も、きっとこれからも

 

人生に行きづまることは多々あって、

 

でもそんな時はふっと視点をかえて

 

俯瞰で見られたらいいなって思います。

 

 

この彼氏たいした男でもないし、執着しないでぱーっと手放しちゃったほうがいいよなぁ、とか

 

 

今の会社に文句ばっかり言ってたけど、ここをこうすれば居心地良くなるかもしれないなぁ、とか

 

 

ハっと気づいたり

 

わ!ってびっくりしたり。

 

 

そうやってじんわりと幸せな方向に向かっていきたいですよね。

 

 

私も。あなたも。

 

 

みんな平和

₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞♡

 

ACHI 

| バンコク 育児 | 06:00 | comments(0) | - | - |
Pokemon Go in Thailand

はい、はまってます。

タイ人も大好きポケモンゴー。

 

息子は元々ポケモン大好きDocomo_hart
 

バンコクという日本から遠くはなれた環境で

娯楽の選択肢もたくさんあるわけではなく

 

(リアルタイムで日本のTVを視聴しているご家庭も多いですが、うちは私がTVをみないので一度も契約したことはありません)

 

本帰国するお友達にもらったごく初期のDVDから

最新テレビシリーズまで

 

もうそれこそ舐めるようにw

全編くりかえし繰り返し見ていました。

 


携帯用ゲーム機タイプのポケモン図鑑は

どこに行くにも必携。

 

なんとかタイプは、なんとかタイプに強くて、

逆になんとかタイプには弱い、などなど

 

全部あたまに入っているそうです。

 

 

息子いはく「単にモンスターを集めるゲームじゃないから面白い」

 

育てて、バトルして、手当てして、また育てて、バトルして、、、

仲間と絆を深めながら冒険していく成長のストーリー。

 

「だから世界中でここまで愛されてるんだよ!」と。

なるほど、なっとく。けっこう深いんよね。

 

そんな息子にとってポケモンゴーは

歩いて、ゲットして、バトルして、、、

世界観を再現した、すばらしいゲーム

 

私もすっかり感化されて

一緒に楽しんでます。

 

 

ただひとつ問題が。

問題というか悩みが。

 

ジムバトルで重要になってくるチームわけ。

赤と青と黄の3チームというのは、全世界共通です。

 

 

続きを読む >>
| バンコク 育児 | 02:53 | comments(0) | - | - |
子連れ旅行 お役立ちアイテム-2
続いてのアイテムはこちら!
(2)衣類用の消臭除菌スプレー



こちらはタイで売られているambipurという商品で、香り強めのファブリーズ、という感じ。
小型アトマイザーに移し替えて持参します。

子連れ旅行でいかに荷物を減らして身軽になるか、というのはイコール、いかに大人の荷物を減らすか、なんですよね。

子供って着替えギリギリの時に限ってお洋服を汚す。
Tシャツはまだあるからいいけど、もうズボンはないから汚さないでね。っていう時は必ずズボンを汚す。笑
怒ってはいけない、もうそういう生き物なんですよね。( ´ ▽ ` )ノ

ということで、子供の着替えは余裕を持って多めに。
大人の衣類は本当に本当に必要最小限にして、ファブリーズしゅっしゅで着まわしてしまいます。

特にアレです、あの、上半身の下着。
なんかファブリーズしゅっしゅで着回すとかまで己を晒しているのに、単語をブログに書くのは憚られるという。羞恥心の出しどころ間違ってる感はんぱないのはさておき、

1泊2日なら1つ。2泊3日なら2つで充分です。
他の衣類と違ってデコボコしていて収納もしづらく、これが減るとかなりスペースが空きます。
下の下着はサラサーティを活用して数を減らします。とサラっと書いてみました、サラサーティだけに。(小林製薬さん、なんか下さい)

そしてここから更に生活感もろ出し
(3)透明ジップ!



私立病院で薬を頂く時の袋、きっとバンコク在住のご家庭ならたくさんストックがあるかと思います。
処方箋的なシールをバリバリ剥がして再利用。

余談ですがバンコク病院とサミティベのは剥がれやすく、バムルンのはしくじることが多いです。
いやまさか再利用は想定してないっスミッラーって言われちゃいますかね。てへぺろ。

シャンプーや化粧品類をボトルではなくこれに移し替えて行くと、超省スペース化が実現。
横漏れが気になる方はラップで巻いてもOKです。

私は旅先ではホテル備え付けの石鹸で顔を洗ってしまうのでピキっ!(←女子力にヒビが入った音)、アイテム的にはたった2つ。
メイク落としシートと、シートマスク。どちらもぺったんこになるので、既存のメイクポーチに収まります。

保湿は、子供の傷口にも塗ってよし、で常に持ち歩いているオロナインH軟膏で代用!ガラガラガラ....(←ついに女子力崩壊)

使い終わったらビニールごと捨てて行くので、過不足ない量を持って行くのがポイントです。
その意味でも、個数が明確なシート系アイテムは便利ですね。

自分のことは必要最小限、スペースが空いたら子供のもの。という美しき母性愛風のまとめではとても言い訳できない、どいひーすっぴんボサ髪ちーん。(←女子力の残骸に響き渡る諸行無常の鐘の音)




ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    



| バンコク 育児 | 23:55 | comments(3) | - | - |
子連れ旅お役立ちアイテム-1
ご無沙汰です。
ACHIです。
生きてます。笑

?*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:(☆v☆ )。゚:*:?.。?.。キラキラ☆

↑女子力高そうな顔文字を無理して使ってみても、拭いきれない逞しさと生活力みなぎる異国生活7年目。

先日の子連れビエンチャンでラオス旅行6回目となり、他にスリランカ、シンガポール、ベトナムに各一回。

タイ国内はチェンマイ5回(うち1回は洪水避難で1ヶ月居住)を始め

フアヒン、パタヤ、カオヤイ、ロッブリーのスアンプン、シラチャー、カオッキアオ、ウボンラチャタニー等合計13回。

6年3ヶ月で結構いろんな所に旅をしましたー。しみじみ。

ということで、本日は子連れ旅行の便利アイテムをご紹介したいと思います。

まず(1)洗面器!


凸凹していてちょっとスペース取っちゃうんですけど

・シャワーがずんと上の方(下手したら天井)に固定式

・水量や湯温が安定していない

そんなホテルに泊まった際、威力を発揮します。

ビーチリゾートの外資系ホテルにありがちな固定式シャワー。
欧米人サイズの箇所についているのでめっちゃ高い。大人でも不便。
子供達の頭の高さに降り注ぐ頃にはもはや霧雨w
なかなか泡がすすげません。

お湯をある程度洗面器にためて、ジャバーっっと流すだけでかなり時間短縮、ストレス軽減できます。

また、湯量が安定しているかどうかの分水嶺はだいたい日本円にして一泊3,300円ぐらい。
バーツにして一泊1,000B以上のホテルだとわりと問題なくお湯が出るという印象です。

我が家はそれ以下の安ホテルにもガンガン泊まるのでw、時々裸で延々と「お湯、出ないねー....」とシャワー口を見上げて風邪ひきかけたり。

「あ、お湯になった!あ、熱っ!みーず水水!つ、冷たっ!あ、熱っ!つ、冷たっ!」(以下エンドレス)、温度調節に匠の技が必要なケースも。

そんな時は洗面器の中で湯と水を混ぜてちょうどいい温度にしてから、ジャバーっ

部屋にプラスチックのゴミ箱があれば尚よし。
石鹸で中を綺麗に洗って、ちょうどいい温度である程度の量湯はりをしておき、洗面器ですくってジャバーっ

。。。あ、ドン引きの音が聞こえて来た気が。これはさすがにちょっとサバイバルすぎましたかね??
タイの手桶シャワー方式です。エコです。キリッ(笑)

今や日本は全自動タッチパネル給湯が常識。蛇口をひねれば適温で清潔なお湯が
じゃーじゃー出てくるという。
本当に水資源に恵まれた、世界的に見ても豊かな国ですよね。
でも一歩海外に出るとそうはいきません...

浄水が出てくるだけで有り難やー。
天の恵みに感謝ーです。
我が家はいずれ川で行水OKが目標です。頑張ります。ふふふ

part2に続きまーす(≧∇≦)



ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    




| バンコク 育児 | 15:39 | comments(0) | - | - |
卒園式と謝恩会
息子の幼稚園の卒園式。

すてきなお友達とめいっぱい遊んで

先生方の優しい笑顔に見守られて

4年半でぐんとずんと成長したね。

本当に、本当に、おめでとう。

 

タイに来てすぐ、一歳七カ月の時から通い続けた幼稚園。

いろーんな園を見学したんだけど

多くの園は見学者の存在は無視だったり、

「ごきげんよう」とか「こんにちは」などときちっと挨拶してくれる中、

一つだけ

たった一つだけ

子供たちがブワーーーっと寄ってきて

「ねぇねぇ、だれ?」「だれのお母さん?」「だあれ?だあれ?」と

質問攻めにされた幼稚園がありました。



その子供たちの瞳の、なんとキラキラと輝いていること!

私はそれにズガンと射抜かれて

ちょっと感動すらして、

「よし、ここの園に通わせよう」と即決したのでした。



その決断は正しかった、

ものすごく正しかったと断言できます。



年齢以上の背伸びや無理は決してさせない。

その時にしかできない遊び、取り組み。

子供が子供らしくいられることを尊重してくれる幼稚園でした。

成長をじっと待ってくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

だって、子育てしていてすごく感じますもん。

待つって、一番難しくて、でも、一番大事なこと。



自分が他人より優れているとか、劣っているとか

そういうことを一切気にせず、なーんも考えず、

ただ泥んこになって駆けずり回る時間。

「幸せな子供時代」。



それは後天的には決して獲得できない。

どんなに社会的に成功しても

どんなにたくさんのお金を積んだとしても

後から決して得ることのできない、

もしかしたら人生で一番大切な時間。



息子の子供時代は本当に幸せに包まれていました。

本当に恵まれていました。

関わってくださった全ての方々に心からお礼を言いたいです。

本当にありがとうございました。



そんな感謝の気持ちを伝える謝恩会。

会場をホテルに移して、コンセプトは「おもてなし」!



実はこの日のためにオリジナル曲を作詞作曲して、

さらにスーパースターYusukeさんにアレンジ&ギター演奏をお願いして

園のお母さん達8人で合唱したんです!



事前に何度も何度も練習を重ねて迎えた本番。

一番しっかりしなきゃいけないはずの私が

一番感極まって泣いてしまったという大失態。。。

3番のサビあたりからほとんど声が出なくて、ほぼ口パクでした。笑

・・・って、笑いごとじゃないよう!



みんな、ほんとごめん!

でもみんなの声、すっごく響いてたよ!



うちの園は毎週火曜日に園庭を開放してくれて

子供たち同士で自由に遊ばせてもらえていたんだけど、

泥んこになって遊ぶ子供たちをぼーっと見ていた時に

突然ふーっと曲が降りてきたのでした。



普段ダメダメな私はこういう所でしかお役に立てないので

結構がんばって作りましたよ。

先生・スタッフさんたちにも、お母さんがたにも喜んでいただけて

みんなで力を合わせた甲斐があったなーとしみじみ。

スクリプト入りの素敵な映像を制作してくれたSさん、

ありがとうございました。最高だったよ!



ではここで歌詞を大公開しちゃいます。(←大袈裟)



「卒園の歌 〜あの大きな樹の下で〜 」


僕たちは ここで出会った

あの大きな樹の下で


私たちは 守られていた

花のような笑顔に


いつか冷たい雨や風に

心こごえる夜がきた時も


きっと きっと 思い出す

あの大きな樹のことを



「幸せな子供時代は

決して後から買えない」と

ぽつり呟く ママの瞳は

きらり光って見えた


幸せの意味はわからなくて

ただ泥んこになって駆けてたなぁ


ずっと ずっと 忘れない

花のような笑顔を



ありがとう ありがとう 声のかぎり

遠くはなれた友達に 届け


きっと ずっと 一緒だよ

先生 みなさん ありがとう



僕たちは ここで出会った

あの大きな樹の下で


私たちは 守られていた

花のような笑顔に

   (by 2013年度 コーラスチーム)



ダンスチームのお母さん達も最高でした。

みんなすっごくかっこよかったし、可愛かった!

素晴らしい謝恩会でした。

終わりよければすべてよし!



私たちの在園期間には

赤シャツデモ、洪水、今回のデモと

それはもう本当にいろんなことがあって

一時帰国のまま本帰国になって、さよならも言えなかったお友達もいた。



でも新しく入ってきてくれるお友達もいて

いろんな出会いと別れを繰り返し、

そういう経験は自分一人だけじゃないんだ、って

だから自分も頑張れる、そう言ってくれたお友達もいました。



バンコクという特殊な環境で同じ時期を駆け抜けた同志。

子供たちのことも、お母さんたちのことも、先生たちのことも

私ずっとずっと、一生忘れません。



楽しかった。本当に楽しかった。

イヤなことなんて一つもない、満額楽しい幼稚園生活でした。

幸せでした。本当に幸せでした。

だからさようならは言いません。

またかならずどこかで会いましょう。

それまでどうか元気で。

繋がっている、この空の下で。

ACHI♪
| バンコク 育児 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
タイのカブトムシ
夏休みで一時帰国する息子のお友達から

タイのカブトムシ!を預かり、

2週間ほどお世話することになりました。



オス一匹、メス一匹がそれぞれのゲージに。

主食はタイのキュウリ。時々バナナ。とのこと。

間違ってもタヒなせないようにしないと。ドキドキ



こちら、オス。


ツンと伸びた三本のツノ、立派な体躯、金ぴかに輝くボディ。

しかもお腹についている刃で、抱きついた敵をブスブス刺すという

世界最強?最凶?のカブトムシらしいです。



そして数日経ってびっくりどっきりハプニング発生。

オスのゲージの中に、コオロギがいる!



ゲージの隙間からは入らない大きさなので

きっと土の中に卵が紛れていて

ゲージの中で孵化しちゃったんでしょうね。

生まれてみたらば世界最強のカブトムシと同宿って、

なんて不運なコオロギ。。。

まるでアニメ「嵐の夜に」??

と思ったけれど、今のところ呉越同舟状態です。



が、コオロギも意外と(?)バカではなくw

カブトムシの自慢のツノがゲージの中では邪魔になって

立て木の上部に登ると

先っちょがつっかえてしまうのを知ってか知らずか

常に立て木の最上部、フタのすぐ下にポジショニング。

「届かないだろー」とでも言わんばかりに。笑



そうそう、カブトムシの世界でもオスとメスでは性格に差があるのか

このオス君、立派な容姿とは裏腹にコオロギにコケにされたりw

キュウリをチュウチュウ吸いながらそのまま上で眠ってしまったりw

ゲージのアミアミにツノが挟まって身動きが取れなくなること数回w

挙句、シンボルであるツノの先端が両方折れてしまうという。。。

なかなかドジっ子というか、愛すべきキャラクターです。



一方、今うちにいるメスさんは相当アグレッシブ。

エサの補充が遅いと「早く〜」とばかりにコツコツ音を立てたり

この期に及んでまだ逃げ出すことを諦めていないのか

明け方ブーンっブーンっとしきりに羽音を立てたり。



2匹ともカワイくて、ちょっと愛着が湧いてきました。

生き物を育てるのって楽しいですね。

あと一週間きちんとお世話して

無事お友達にお返ししたいと思います。^-^

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 

| バンコク 育児 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
KIDOのプロモーション


訂正です

トンローソイ13のナーサリーKIDOが

今プロモーションで

10時間(8時〜18時)×11回、

9,000Bの回数券を出しているそうです。

一回818B 、一時間あたり約294円

かなりお得かも。



うちは時々下の娘をDrop Inで預ってもらっていますが

長くてもせいぜい6,7時間。

10時間も預ける用事があるかなー、

上の子が幼稚園最終学年なので

いろいろ用事が増えるかなー、等と思案中。

Drop Inは予約なしでも受け入れて貰えるし

英語ができる先生、日本語ができるスタッフさんが常駐。

うちの娘はとても気に入って通っています。



プロモーション期間や有効期限など詳細は直接お問い合わせ下さいね。

「KIDO」
住所:Home Place 2F, Thonglor Soi 13
電話:02-712-6466

ACHI♪

| バンコク 育児 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
キッザニア バンコク
3月末にSiam Paragonにオープンした

KidZania Bangkokに行って来ましたー。

今回めずらしく息子と私の意見が一致。

最高に楽しかったー!!!(≧∇≦)



行き方なんですけど、

4F飲食店街「ラーメンちゃぶ屋」前のエスカレーターを上ると

すぐ入場口、でした。

5Fにあるのに、5Fエレベーターホールとキッザニアの間に

パラゴンホールがどどんとあるせいで

直接行けない造りなんですよね。

皆さまご注意くださいませ。
 


以下ざっくり収支。

☆現金

●入場料大人1人600B

●子供1人450B

●カフェラテ85B

●お水15B

合計1,150B(約4,000円)



☆内部通貨Kidso(以下K)

●入場時に渡される小切手50K
(CIMB銀行で現金に替えてくれます)


●工事現場でのブロック積み(by サイアムセメント)+10K


●ハンバーガー作り(by マクドナルド)-15K



●宅配便(社名わすれた)+8K

 
●車の整備(by B-Quik)+10K

(帰りにオリジナルTシャツが貰えました。ラッキー☆)

視力&色盲チェック(by Hoya)-5K

(12歳以上で取れる自動車免許に必要らしいです。
 全然関係ないのに受けちゃった。笑)


●工事現場でのブロック積み(by サイアムセメント)+8K

(何故か1回目と金額違ったw)


●パイロット(by Air Asia)+10K



●歯医者さん+10K



合計86Kでフィニッシュ。



アトラクションはほぼ100%タイ語、時々英語。

保護者帯同不可の物(パイロット等)もあり、

心配して「何言われてるかわかった?」と聞いてみたら

「わかんなかった!(きっぱり)」と。笑

「でもめちゃめちゃ楽しかったよ!」と、満面の笑みで。



さすがまだ言語より本能の方が優勢な野生児5歳。

よくぞ飛び込んで行ったよ。



最近アレ買ってコレ買ってが際限ない息子に

働いてお金を稼ぐ大切さ、

もっと言ったら労働の意義、意味を感じてもらえたらなー

と思って今回連れて行ってみたんだけど、

じつは親の私にとって必要な機会だったなーと

後からしみじみ思いました。



自分から生まれてきて

気性も欠点もそっくりな我が子だけど

当たり前のはなし全くの別人格で、

決して親の望む通りにはならなくて

何かやりたいことを見つけて

いつかパーっと飛び立って行くんだぞ、と。

その時は全力で見守って応援するんだぞ、何があっても。

我が子だから。



・・・というシュミレーションまでできちゃうなんてー。

憎いねキッザニアー。このこのー。



2年前に豊洲のキッザニアに行った時は

場内が薄暗くて怖い、

腕に巻かれたバンドがきつくて痛い、とかいう

しょぼい理由で大泣きして

僅か15分で退場してしまったことを思うと、

ほんに成長したよのー。



今回タイミングが合わなくて挑戦できなかった職業もあるし、

また行こうね。息子。

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| バンコク 育児 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
息子のパスポート更新
タイの日本大使館で息子のパスポートを更新しました。

単なる更新だったので、持参するのは

旧パスポートと写真(3cm×4cm)2枚のみ。

現地にある申し込み書類に記入・提出して

3営業日で完成!でした。



料金は2,260B、現在の為替で約7,290円。

1バーツ=2.66円より円高にならないと

日本で更新(6,000円)したほうがお得になる計算です。



にしてもほんと5年ってあっという間ですねー。

生後9ヶ月の頃の写真、口あいとる。モロ赤ちゃん。笑



今回からはサインも自分で書いてもらいましたよ。

一個スペル抜けていて、慌ててアルファベットを書き足しましたがw

「オレ自分で書くんだー!」と張り切っています。

出入国時のひと手間が減って、母としても嬉しいです。



作った当初はこんなに使い倒すとは思いもしなかったなー。

最初に行ったのはグアム(米国)で

それからまさかのタイ赴任。

1歳半から今まで日本と8往復半。

他にスリランカ、ラオス×2回、ベトナム、シンガポール。

(うち不可抗力の出国2回含む。。。orz)

VISAやノーティフィケーションや何やかやで

スタンプぎっしり。空白は4頁のみ。



国内線も含めると、電車よりも飛行機に乗った回数の方が多い息子。

すっかり飛行機旅慣れしやがって、

席につくや「おかーさん携帯の電源切った?」 (@_@;)

前ポケットに入っている座席表をチェックして

「エアバスかー、非常口はあっちだね、ふむふむ」 (@_@;)

「やっぱりJALが一番だよねー、機内食もおいしいし」 (@_@;)

「ベルト着用サインがついたよー、トレ―元に戻して」 (@_@;)

す、すれてる・・・。笑



いやほんと、母親がコレのせいで

随分過酷な体験をさせてしまったなーと。

そして、多くの皆さんのお世話になったなーと。しみじみ。



四柱推命だと息子には「移動・海外」を表す星が3つもあって

「ものすごーく珍しい命式」らしです。

これからも移動の多い人生なのかな??



まあ何があるかわからない、こんな時代ですので

どこででも眠れて、何でもばくばく食べられて

誰とでもコミュニケーション取れる人になってくれたら

親としてはとっても嬉しいです。



逞しく育ってくれ。息子。

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    


 
| バンコク 育児 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
おしゃべりな男
うちの5歳男児はものすごーーーいおしゃべりです。

朝起きた瞬間から夜寝る寸前までずーーーっと喋りっぱなし。

ゴハン中も

TVやDVDを見ている時も

お友達と遊んでいる時も

お風呂やトイレの最中も

よくもまあそんなに話すネタがあるもんだねーと感心するほど

とにかくずーーーーーっとペチャクチャとお喋りしっぱなし。



おかげで5歳にして既にがらがらのハスキーボイス。

幼稚園のお友達に「◎◎くんは、乱暴な声!」と言われたそうでw

息子は「オレの声、乱暴なんだ。。。」と凹んでいたけれど

ハスキーな上に声がめちゃくちゃデカくてお喋りなので

”乱暴な声”っていうのはまさにぴったりな表現ーと感心してしまいました。

(だめな母だね、ゴメンよ息子)



タクシーに乗ればタクシーの運転手さんに「よく喋るねーw」と呆れられ

先日タイに遊びに来ていたうちの母(つまり息子の祖母)にも

「◎◎くんは、お口閉じる時は、ないの??」と驚かれ。

土日ともなると一日中「ねえねえおかあさーん」攻撃にさらされるので

音楽のお仕事がまったくはかどりません。(T_T)



内容は主にダジャレ、なぞなぞ、彼なりのジョーク、

身の回りで気がついたこと、発見したことの報告、など。

最近は「上から読んでも下から読んでも同じ言葉さがし」に夢中w



大人から見ると人生の大勢に影響ないことばっかりなんですけど

本人にとっては大事なことなんだろうし

喋りたいんだったらどうぞ、と思って

時々相槌を打ちながら、自由に喋らせています。



(写真と今日の記事の内容には一切関係がありませんw)



そんな息子、最近急激にマセてきております。

身の回りのことはまだ覚束ないくせに

時々ものすごく一丁前のことを言うのでギョっとします。



某化粧品のTVCMを見て

「わー、うそつきー。おおげさー。こんな白くなるわけないよねー。

見てる人をだまして買わせようって思ってるんだ。

オレ、ティヴィーでコッサナー(広告)してるものは一切買わない!」

などと広告代理店方面の方が聞いたら

血相変えそうなことをサラっとのたまう。笑



こないだはふと、「おかあさん、虹ってどうやってできてるか知ってる?」と

既に隠せないドヤ顔で。

へぇ、なんて言うんだろうー?と興味をそそられて

「どうやってできるか、教えてくれる?」と聞いてみると

「空気と、雨と、太陽の光をギュっと合わせて、

 すべり台にしたものだよ!」

ほぅー。。。なかなかいい答えじゃないかー。。。(゜ω゜ )



そして昨日、ニライカナイライブに向かう途中

「いい?おかあさん?

歌っていうのはね、気持ちをこめて歌わないと

きいてる人に伝わらないんだよ!」、ですと!ひー!

恐れ入りました・・・。



こういうマセた口をきくのは完全に私似です。

私も周りの大人達から「あっちゃんはお喋りだねー」

「口から先に生まれて来たんだねー」

「おしゃまさんだねー」などと言われて育ったくち。

性質って遺伝されるんだなーとしみじみ思います。



歌を始めてからは、喉を酷使しないよう

日常生活ではなるべく喋らないように心がけているけど

その変わり今はこうしてブログ上でぺちゃくちゃお喋りしているという。。。

生まれ持った性質は変わらないですね。^-^;



息子には、お喋りするのも大事だけど

会話はキャッチボールだから

相手の話を聞くことも大事だよ、

聞き上手は、女の子に、モテるよ!と教育中です。

どんな男子に育つんでしょうかねー??

ACHI



(/・ω・)人気ブログランキング(/・ω・)
    



 
| バンコク 育児 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
counter
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ